- BLOG -

  • 2019.05.09

    イトナブがソーシャルの分野に

初めまして。このブログに初めて記事を書きます。

イトナブのPenです。

私は、去年の6月にイトナブ石巻に入社しました。もう少しで1年が経とうとしてします。

さて、私がこのイトナブで何をしているか、少し書かせていただきます。私は、「ソーシャル」というイトナブでは新たな分野で仕事をしています。きっと、「ソーシャル」って何と思われる方もおられると思います。

ソーシャルを直訳すれば「社会」です。それで、社会問題に特化したコンテンツを考えて作り出す部門なんですが、社会問題と言ってもこれも大きな枠組みです。それでイトナブの「ソーシャル」とは、主に福祉の分野とITを掛け合わせることによって、新たなイノベーションを作り出していく部門と捉えていただければ幸いです。

 

実は、私自身が生まれつき障がいを持っています。手足や言語が特に障害が重く、生活の様々な面で多少の不自由を抱えておりました。一方で「IT」を上手に使うことで生活の様々な面を解決できるのではないかと常日頃考えていろんな機器を取り入れてきました。しかし既製品の機器である以上は、その不自由さをすべて解決することが厳しいという現実も経験しておりました。「あと少し」この部分を何とかできたらと思っていたとき、「イトナブ石巻」の存在を知り、最初は違うところで働きながらプログラミングの勉強をしていました。

そういう日々を過ごしていくうちに、ご縁をいただきこの会社で働きながら、「あと少し」に対して自らが作り手になることができました。

「ソーシャル」として、最初のプロジェクトをどうしようと考えていたときに、一冊の冊子に出会うことができました。それは石巻社会福祉協議会様が発行した、「石巻バリアフリートイレマップ」です。



この冊子は、石巻市内の多目的トイレの情報をまとめた冊子です。どうしてこういう冊子があるかと言いますと、「多目的トイレ」は、その建物ごとに大きさが変わってきます。一方でそれを利用する障がいをお持ちの方も、使用している車椅子によって大きさが変わってきます。つまり、同じ多目的トイレと呼ばれているものであっても障がいを抱えている当人の都合によって、使用できないというケースがあるのです。だからこそ、事前に調べられるように冊子にしたのでしょう。

しかし冊子では、伝えることができる情報が限られてきます。そこで「IT」を掛け合わせます。その冊子をWeb化することで、写真なども付け加えることができより多くの情報を伝えることができます。イトナブ石巻ソーシャル部門、第1弾プロジェクトとして「石巻バリアフリーマップ」というサイトを現在作成しています。

このプロジェクトを進めるに当たり、行政の方に提案したところ石巻市にあります石巻専修大学と一緒にプロジェクトを進めていくようにと逆にご提案を受け、現在このプロジェクトを「行政×石巻専修大学×イトナブ」で進めております。


 

後世に残せるウェブサイト、さらに「石巻発」他の都市へ提案できるウェブサイトを目指して現在作成しております。

順次、作成過程などもこちらの方でお伝えしていきます。


Writer : Pen

イトナブ一般社団法人イトナブ石巻 │ 株式会社イトナブ
〒986-0822 宮城県石巻市中央2-10-21 サトミビル1F

TEL:0225-90-4282
E-mail:info@itnav.jp

Copyright© 2016 itnav