- WORKS -

イトナブのしごとは、大きく「教育」と「制作」に分かれています。

  • 2017.12.14

    月刊イトナブ塾12月号を開催しました

こんにちは、イトナブ石巻のたまです!
今回は12月10日に行われた月刊イトナブ塾12月号の様子をご紹介します!

image

今回開催した、12月号の予告ブログはコチラです。


開催の様子

今回は、日本でHour of Codeを使いプログラミング教育の普及を推進している団体であるみんなのコード
が開催するイベントであるHour of Code JAPAN 2017と中継をつなぎ、行いました!

image

スタッフもTシャツを着て気合充分です!
今回も男の子が1人参加してくれました。ありがとうございます!

image

Hour of codeの教材の1つであるスター・ウォーズ:コードで銀河を造るの教材を使い、ワークショップを行いました!
この教材の最終面では、自分でゲームを作ることができます。

image

さっそく教材体験開始!

最初は、移動ブロックを使って金属をロボットに集めさせる命令をします。

image

金属は動かないので最初集めるのがとても簡単です。
ですが、途中で敵キャラクターが登場したり、
金属の数が増えたり、障害物が出現しどんどん難易度が上がっていきます。

image

最後にゲームを作ります。
今までの教材に出てきたキャラクターを捕まえるゲーム。

彼の理解がとても早く、
1時間もかからないくらいでスターウォーズの教材が終わってしまったので、
フラッピーゲームを造るの教材を続けて行いました!

この教材もスターウォーズの教材と同じく、最後の面でゲームを作ることができます。
image

フラッピーゲームを作ったあとは、Viscuit(ビスケット)
というビジュアルプログラミング言語の体験を行ないました!

Viscuitは、メガネという仕組みを使って
だれでも簡単にアニメーションや動く絵本をつくることができるものです。

この日は、Viscuitをつかって、海の生き物たちの再現アニメーションを作りました!

image

ステッカー・Hour og codeの資料
それからHour of code の表彰状をお渡しして…

image

ワークショップ終了後も、すこしだけViscuitの体験を行い、
12月号は終了しました。

image


次回予告

image

次回の月刊イトナブ塾は、1月28日に開催します!

詳細は1月号の予告ブログにてお知らせしますので、
更新までしばらくお待ち下さい。

CREDIT
Writer:たま(千葉沙織)

イトナブ一般社団法人イトナブ石巻 │ 株式会社イトナブ
〒986-0822 宮城県石巻市中央2-10-21 サトミビル1F

TEL:0225-90-4282
E-mail:info@itnav.jp

Copyright© 2016 itnav