- WORKS -

イトナブのしごとは、大きく「教育」と「制作」に分かれています。

  • 2017.10.30

    月刊イトナブ塾10月号を開催しました

こんにちは、イトナブ石巻のたまです!
今回の記事では、10月22日に開催した、月刊イトナブ塾の様子をお伝えしていきます!

image


Hour of Codeとは?

今回体験を行ったのは、ゲームをしながらプログラミング的思考が身につくプログラミング学習ツール「Hour of Code」です。
世界180カ国の人々がこのツールを体験しています!

いろいろな教材があるのですが、今回は「Write your first computer program」という教材の体験を行ないました!

image

アングリー・バードに指示を出して豚のところまで連れて行ってあげるゲームです。


前半:Hour of Code

今回は台風が迫る中での開催だったのですが、
元気な男の子が1人、参加してくれました!

ワークショップが始まるまで時間があったので、MoffBandであそんでみたり。
そうして定刻どおりに始まりました、月刊イトナブ塾。

今回はいつもイトナブの入り口にいる学くんもいますよ!

image

スタッフの自己紹介では・・・
YoutuberになったUKさんが、自己紹介で自分の動画を紹介していました。

image

まずは、アイスブレイク。
わたし、たまの左手と右手が重なった時に拍手をするUFOというゲームをしました。

さっそくHour of Codeの体験へ!

image

実際の教材はこのようなものです。
この教材は、全部で20問あります(教材によって問題数は違います)
Scratchと操作方法が一緒なので、小学生でも簡単に取り組むことができます。

image

1問目は直進するだけなので簡単ですが、

image

7問目までくると、ピンクの制御ブロックが登場。
難しくなります。

image

アングリー・バードが登場するのは、11問目まで。
12問目からは別なキャラクターを操作します。
そしてさらにブロックが増え複雑な問題になっていきます。

image

これが「Write your first computer program」の最終問題です。
ブロックがたくさんあるので、一見複雑そうに見えますが使うブロックは3つだけです!

彼はこの複雑な最終問題を一発でクリアしていました・・・!

後半:Scratch

彼の進みがとても早く、2時間で行う内容が1時間で終了。
ということで後半はScratchの体験を行ないました。

image

7月号から参加してくれている彼は、もうScratchの達人です!
マウス操作にも慣れ、サクサクとアニメーションを作っていきます。

この日は海のアニメーションを作っていました!

image

今回から、スタンプカードを導入しました!

スタンプを5つゲットすると、
いつでもイトナブに入ることができるイトナブ入場証と、
家でもScratchを勉強できるScratchの本をプレゼントいたします!

ぜひ今後も月刊イトナブ塾に参加してくださいね!(??)

次回予告

image

次回、月刊イトナブ塾11月号は
11月第4週、11月26日(日)に開催します!
11月号では、Scratchで簡単なゲームを作る体験を行います!

詳細は11月号の予告ブログにてお知らせしますので、
更新までしばらくお待ち下さい。

また、12月の月刊イトナブ塾は12月10日の予定です!
こちらも予告ブログ更新までしばらくお待ち下さい。

CREDIT
Writer:たま(千葉沙織)

イトナブ一般社団法人イトナブ石巻 │ 株式会社イトナブ
〒986-0822 宮城県石巻市中央2-10-21 サトミビル1F

TEL:0225-90-4282
E-mail:info@itnav.jp

Copyright© 2016 itnav